開運コラム 第3回:『見える人』テスト(霊について)

【開運コラム】 記事・コラム

唐突だが、テストの出題。

『帰ってきたら閉めたはずの窓が全開になっていました』

目につきやすい窓だし、あなたはいつも出かける前に戸締りを確認しています。帰ってきたあなたはどう思いますか?

A.「いつも確認してるのに今日は忘れてたのか…疲れてるな」

B.「まさかクローゼットに誰かいるんじゃ…怖い…誰か呼ぼうかな…」

C.「なんだろう?次から気をつけよう」

あなたの直感に近い答えはどれだっただろうか?

【Cを選んだあなた】は、『見える人』に限りなく近いかもしれない。

年末に昔お世話になった職場の大先輩の墓参りに行った時の話だ。

先輩への挨拶も済んだ頃、ちょうど見廻りをしていた住職が声をかけてくれたのでしばし雑談をしていたところ、こんなことを聞いた。

【筆者】
「本当に良くしてくれた先輩でした。体調が急変した時は私は遠方にいて、最後にお別れも言えなかったのが心残りです。」

「もし幽霊でも目の前に現れてくれたら、心からお礼を言いたいもんです。」

【住職】
「本心からそう願っているのならいつか会えますよ。」

「『死』は『生きる』ことの延長であって完全に分離した世界ではないので。

あなたは自分を無視したり、嫌っている方にあえて近付こうとは思わないでしょう?けど、自分を受け入れてくれる人には、わりと会いたいじゃない。」

「仏様も同じ。可愛がっていた方ならなおさら。もうお体が無いからあなたの目にはなかなか見えづらいけれど、おそばに居てくれますよ。ただ『見える』のはあなたもお彼岸に渡る時かもしれない(笑)」

ひとしきり言ってけらけらと笑う住職だったが、その時私は腑に落ちた。

普段『見えない』人が親族の通夜には故人を見たり、何も知らない子供に不思議なものが見たりするのは、彼・彼女らに対する『拒絶』がないからだ。

生きていたって、『自分を拒絶する人に会いたくない』のは普通。

住職のいうように『死』が『生きる』ことの延長なら、彼らも同じ気持ちだろう。
(拒絶してるのに会いに来るのは『ストーカー』なり『悪霊』に該当するのかな?)

Cを選んだ、わりと楽天的なあなた。

『見えない』人たちにモテる体質かもしれない。

そんなご経験はありますか?

よろしければコメントから教えていただけると嬉しいです。

※テストは完全に筆者の捏造で根拠はございませんので、ご了承ください。

メディア監修者
編集長 ムラカミ

WEBプロデューサーとして数々のメディアを手掛けてきている。数年前より占い・スピリチュアルの世界に強い関心を示し、『開運!占いアドバイザー』を設立。
四柱推命、西洋占星術、風水、手相などの資格を所有し、本メディアの監修を務めている。

フォローする

3冠達成!優良電話占いの決定版

「当たる!」、「願望成就」といった感謝の声が続出しており圧倒的支持率を誇る電話占いカリス。業界内でも質の高い電話占いサービスを提供していることで話題となっています。

好きな人と結ばれた!』、『忘れられないあの人と復縁ができた!』、『音信普通の彼からまた連絡がきた!』など絶賛の嵐。

片思いなどの恋愛はもちろん、不倫、復縁、略奪愛といった複雑な事情からLINEブロック、音信普通といったどうにもならないお悩みまで、 全国からの一流鑑定士があなたのお悩みを解決に導きます。

あなたのお悩み、全てカリスにお任せ!!

カリスの特徴
電話占いカリス
提供:Tiphereth
  1. 初回2400円分無料相談
    無料会員登録で最大10分間の無料相談がご利用できます
     
  2. アンケート調査で3冠達成
    『復縁したい人におすすめの電話占い』『電話占い口コミ人気』『当たると話題の電話占い』の3項目で1位を獲得
     
  3. 有名芸能人も利用
    元有名アイドルや芸能リポーターなど有名芸能人を占った経歴のある鑑定師が多数在籍

あまりにも当たり過ぎる!絶対的信用度は業界最高峰。叶えたい理想の未来、自分でもどうにもならない悩みの解決、あなたの未来、運命を託してみませんか?

高品質の鑑定サービスを安心安全で体験できるカリスを最大10分間無料でお試しください。

カリス公式サイト
提供:Tiphereth

コメント一覧

記事・コラム
フォローする
開運!占いアドバイザー
タイトルとURLをコピーしました